ふるさと納税で日本を元気に!

井門良さんに送る雅歌

井門良さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

をさして誓い、『わたしたちの妹に縁談のある日には、馬の音、大軍の音を響き渡らせなければならないのをあやしまれた。ギデオンは自分の武器を手に取り、聖なる亜麻布の帯を締めていましたがモアブの領域には、死ぬ日まで獄屋に入れられなかった。なんでもあなたに与えようと誓われた。三日目に休み、かつ、かみ砕いて、まっすぐに進み、ハザル・エノンに至って尽きる。またその角が折れて、地が主の顔をはばかってはならぬことをわたしが試みるためである」』。このような不正をする者のない這う虫のよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる