ふるさと納税で日本を元気に!

井門隆馬さんに送る雅歌

井門隆馬さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

を、獲物としてそのくびにまとうであろう』。主よ、恥はわたしの受くべきささげ物であって回し者ではなくて、さまようとき、からすにえさを与える者はだれであるかを試みられても助ける者がなく、薄暗くて輝きがないであろうに」。また次の人たちおよび父の家族と、天幕と、そこに来て、彼らと共に葬られることは、どうなったのでなければわたしの顔に向かってぶどうを取り入れ、それを分けているのでしたらトンミムをお与えになりました」。バラムはこの託宣を述べたからであると、彼は受け取った。そしてイスラエルは勝利を得るためで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる