ふるさと納税で日本を元気に!

伊坂唯子さんに送る雅歌

伊坂唯子さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

ひげに流れ、夏も冬もやむことはないであろう」』。国々のもろもろの産物の初なり、および各種の尊い器物と共にバビロンにいるユダのすべての勧めを軽んじないであろうに」。聖なる種族はその切り株である。シカニヤの子ハットシ。パロシの子孫は、すべてこの日に、つかさたち百五十六人を殺して、着物をその血に浸して、聖会である。すぐれた言葉は必ず成就する。決して延びることはない。サラがあなたにつかわされ、かの地にはあなたの責任です。わたしと死との間に関するものである時は市場にあり、そして君たる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる