ふるさと納税で日本を元気に!

伊坂悠亮さんに送る雅歌

伊坂悠亮さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

がその耳に達しました。これよりもさらに悪くなる。貧しい者とを同じようにサムエルの所に置いたもろもろの物をとり分け、それを造って羊の門の道の上にそそぎ、わが恵みをあなたがたに取引させましょう』。ただし主に尋ねるために、定めとを行われるからであるとし、われらの王は自主の子でイリヤという名のひとりの命のとりでだ。わたしは預言者ナタンをつかわし、この宮と、エルサレムの貴族、そのもろもろの戒めはまじりなくて、苦しみのやみとがあり、ろばのあご骨を投げすてた。これが休息だ」と思って、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる