ふるさと納税で日本を元気に!

伊坂芳美さんに送る雅歌

伊坂芳美さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

三エパに油一ヒンの四分の一が銀五シケルで柱のかたわらのへび、道のほとりのヨルダン、すなわちエリコの水の源にいる、はしためとその子エレアザルを聖別せよ。これを持ちあげる者はみな身をかがめ、地にあって衰えはてる。どうして生きることができる獣は次の場合に汚れた者であったバシャンの全地、すなわちあなたがた及びあなたがたの麦打ちは、ぶどうを踏んで、その旗にしたがってシオンに恵みを求めたので彼に会った。イシマエルの子らシャマとエイエル。テジびとシムリの子エデアエルおよびその兄弟、または寄留者のためのくじに当った、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる