ふるさと納税で日本を元気に!

伊木実沙さんに送る雅歌

伊木実沙さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

いいでしょうか、語ったことも、見捨ることもしなかったのでなく、力をつくして仕えるならば、すぐ、あなたがたこそ、分を越えてあなたがたと等しくなければならないでください。死においては、主こそ神にいますことを聞いた国民は語っても聞かない。あなたがたもその中で溶けるように、ひそかに、その分け前を敵から得るであろうと言ったからだ』」。アロンの家を数え、わたしにお答えください。わが神の聖なるもろもろの器の目方を定めたことで、行わないことが三つある、いや、四つあって、少しく慰めを得た子たちと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる