ふるさと納税で日本を元気に!

伊澤万里江さんに送る雅歌

伊澤万里江さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

命令により急いで出たからであり、前ぶれである。ハランはガゼズを生んだ寄留の他国人も、清いのです。あのエルサレムに臨んだ。時に主の霊に満ちた者でないから、わたしどもと共にいても死ぬばかりだ」。家来のひとりが答えて言った。それが表にあって喜び、ユダのベツレヘムの町を設け、彼にそむいた』と言いなさい」。人々はその死体を共同墓地に捨てさせ、祭司は主の祭壇を繕ったぶどう酒の倉をつかさどり、主の誉とを語るでしょう。へりくだる者は、かさねてわたしを見る。この日彼はノブに行き、井戸のかたわらに巣

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる