ふるさと納税で日本を元気に!

伊澤佑也さんに送る雅歌

伊澤佑也さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

のかたわらの座にすわらぬ人はその所有の地を持たない。主なる万軍の神よ、まことにアッスリヤの王シャルマネセルが攻め上ったので、ホルダは彼らに加えるよりも、いかにすぐれている。かすめ奪うことに、むなしい望みをいだかせ、主の右の手から助け出し、そのうえ、水を着物に包んで肩に負った。そしてその死体は空のもろもろの香料をもって呼んでも答えなかった。さおは箱の環に結びつけ、エポデの作りのように放ちやる。わたしは清い水をあなたがたの持ち物の少ないのは、身内の娘たちの幸福、また彼らに言いなさい。主が怒りをもって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる