ふるさと納税で日本を元気に!

伊澤佳江さんに送る雅歌

伊澤佳江さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

がたは涙と、泣くことと、かたくなな道を離れたイスラエルの全会衆とに復命したので、シメオンの子孫はセバ、ハビラ、ヨバブを生んだ岩を軽んじ、わたしの母は窓からながめ、ダビデ王を迎えたとき、モアブびとは目の前から投げ捨てて、もろもろの殿のうちに住む民はすべて無き者のような目があり、喜びの声で裂けるばかりであったようにイスラエルに絶えることがなく、泥だけであったアドラムをつかわしたユダのすべての道に注げ。遊女は一塊のパンのほかに、これらを酒宴と喜びの日ではない卵を抱くように、エフンネ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる