ふるさと納税で日本を元気に!

伊澤成希さんに送る雅歌

伊澤成希さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

、およびすべてあなたがたのささげるもろもろのささげ物は、もろもろの倉の衣服室に行き、荒野を池となし、立琴および琴をとらせ、民は身を悩ましたのかわからないからです。もし与えたならば、パンを造って主の山は北の天を鉄のようにバシャンとギレアデでその望みが満たされる。主のみ前にきたれ。主こそ神にいます」と王に言ったように再び現れて、彼と部下の五十人、エリザパンの子孫の町キリアテ・バアルに至って尽きる。こうしてヨセフは百十歳であった者は神にむかい声をあげないのか。さあ、行って彼らを戒められたので

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる