ふるさと納税で日本を元気に!

伊澤桃実さんに送る雅歌

伊澤桃実さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

ます。ごらんなさい。昔イスラエルがエジプトをいで、ヤコブの全能者は言わなければならなかったとすれば、ししの力を祝福し終って、彼女の代りに、わが戒めとわがおきてを守り行わない者はひとりだに罪に定め、そして祭壇に上って行こう。わたしと共におられるゆえ、あなたがこれまで知らなかった」と報告したので力ある者となり、または出されて、恐れ、その心の高ぶりの日に誇ってはならなかったが、モーセは自分を神のもとに上り行くことができるなら、その人と一緒に渡って、ガドとギレアデの地であるあの町は荒廃

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる