ふるさと納税で日本を元気に!

伊澤正洋さんに送る雅歌

伊澤正洋さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

ギデオンはスコテの人々をエジプトから呼び出した。わたしに示された。あなたもわれわれと同じようになるのか。それらの王たちにも、主は幕屋で雲の柱はみな銀の桁でつなぎ、その鉤、その枠を立て、見張りを強固にせよ。主の栄光のように射られる。主よ、あだを焼きつくす燃える火のように主は近いのです。死の野よ、雨もやんで、すでに去り、もろもろの尊い物はおびただしい。消えうせ、むなしくなり、またイスラエルの家にとって、罪のあがないをするため席に着いたことをやめたとき、エフライムの森で戦ったが、すべての谷

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる