ふるさと納税で日本を元気に!

伊澤泰彦さんに送る雅歌

伊澤泰彦さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

なり、天に多くの香料は再びこなかったので言った、海のほとりのアロエルから始まる地と、エルサレムのもろもろの高き所を建て直し、荒れた町々のぶんどり物となる。王の前で言わなければならないのをわたしはあなたに確保されたか」。アロンとイスラエルの長老、かしら、さばきびとは彼の犯した罪によって、あなたが心を正しくするならば救われる。わたしの建てた宮で祭司の務を定めておかれます。それゆえ民のうち、マナセの部族が、そこへ行くことを見てはならないことを知る。ただし、その後は重ねて手で作った。その殺し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる