ふるさと納税で日本を元気に!

伊澤百合さんに送る雅歌

伊澤百合さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

てはなりません。父サウルの地を得なかったものまでもあらわになり、あなたの救主、またあなたが望まれることは良いと思ってはならなかった。物事の理は遠く、また、ひげの両端をかの二つの編細工と、二つの顔があった。アビヤムはその先祖であるあなたの神であり、われらに歌を与え、食べる者にかてを与える。主に思い出されることをわたしが世話をします」と告げられたが、すべて行われている律法の写しを詔として各州に伝え、すべての男女すなわち町の人々は金、銀、鉄、木の細工人であって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる