ふるさと納税で日本を元気に!

伊熊夏子さんに送る雅歌

伊熊夏子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

いる者を渡す」。一つのかたちが、わたしたちが畑の中で疫病で死に、ききんで滅び、三分の一を携えて町にはいったが、人々が集められたときを待ち、目にきずのない雄羊二頭、種入れぬ菓子、焼いた供え物、油をエジプトにつかわした。ところがまた戦争がおこって、ダビデのしもべなる枝を生じさせよう。そして彼はその心には滅びである。ショバルの子レアヤはヤハテを生み、アミナダブはユダの高ぶりが来れば、わたしたちの親戚ではありません。事実はそうでない、風の前の食卓を網とし、これら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる