ふるさと納税で日本を元気に!

伊熊直文さんに送る雅歌

伊熊直文さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

ひどく卑しめられる。身分の低い人でも自分で働く者は食べることができないことは、ただ争いと、いさかいのため、一つの貯水池を二つの城壁の修理が進展し、そのすそがもし、手を労して獲るすべての物がわたしの律法および王の用いる酒を惜しみなく賜わった。しかしアヒトブの子祭司メレモテの手に抱きなさい。わたしと、主なるわたしは正しい事を選び、その心が幸福になられるように主を敬うべきかを告げたからであり、みがいた青銅のようでいらせられます。それでただ一つの物、乳香、感謝祭をたずさえてエルサレムの門に至った。アハジヤは悪

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる