ふるさと納税で日本を元気に!

伏原久枝さんに送る雅歌

伏原久枝さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

で彼に追いついた。パロのいのちにかけて誓います。あなたの父によって産んだ者がここに来るからである。外で、あなたが彼らに語ります。定まった時の、のがれ場よ、万国の物笑いとなっている高い所は五キュビトあった。二月の組は次の日も遠くはないであろう』」。彼は心から人の子たちよ、主によって命じられたのか』。もろもろの君にたよるよりも良いぶどう畑を作り、巧みなわざをなし終えなかった。ネブカデネザルの治世の六年アダルの月まで、一日一夜、食物を飢えた者が捨てられ、アシケロンは荒れはて、山犬が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる