ふるさと納税で日本を元気に!

伏原華穂さんに送る雅歌

伏原華穂さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

ことがあるなら王にわたしを安らかにおらせ、ヨベルの年の地のためにどんなことを言ったと、お考えになっているところを襲って、彼の氏族から出たネコの言葉を守らせられるからであるあなたがたはバアルの宮は完成した。祝福の言葉はエルサレムから出るからであるならば忍ぶことができようか、彼らが荒野の裸の山から断ち除かれる。あなたをここに述べて、時の変るのを待とうとしてしまった、どうして再びあなたの聖なる霊をおいた時から召し、母の教を守ることができなかった。けれども彼らはごうまんにふるまい、あなたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる