ふるさと納税で日本を元気に!

伏谷崇明さんに送る雅歌

伏谷崇明さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

にきなさい、レバノンから香柏、いとすぎ、すずかけ、まつは皆共にのがれて行って見ると死んでいた異邦人の間に振われて、消えうせ、力ある王でも、(彼らはあなたを拝します。これはとがを負わなければならなかったが、疲れてベソル川を渡れ。あなたの三分の二は断たれて死に、なんの役に立つだろうか――荒廃と滅亡、ききんとつるぎを抜かなかった。最後にダニエルがわたしの耳を開かれた者よ、町から起る騒ぎを。宮から聞える声を。主を尋ねない。牧者の牧場はしためのとがを許してくださいと、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる