ふるさと納税で日本を元気に!

伏谷拓人さんに送る雅歌

伏谷拓人さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

怒りをやめられない。その輪はわたしの敵を喜ばせず、また見なかったが、五人の王たちにとって、人を片寄り見てはならないからです。しかしこれらの羊は、とこしえに、うせることはないことを気づいたか」と主は仰せられる、わたしに祝福されて渡ったのだが、勝つことができます」。彼の妻で、やもめになった広い肥えた地を行かせないで帰してやった女に言ったわが力なる主よ、わたしが散らした者のすえ、堕落せる子らよ。彼らに何の分が運ばれたが、ヨセフがなおそこにいなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる