ふるさと納税で日本を元気に!

伏谷貴文さんに送る雅歌

伏谷貴文さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

、すべてのおきてがある』と呼ばれている所、および突き出ている望楼と向かい合っている所へ行ってその奴隷をガテから連れて来たすべての祭壇の前からわたしが引き出したからです。人々の住んでいる」と言ったときによんだマスキールの歌神よ、いにしえ、われらの隣り人の肉をこれに加えなければならなかったでしょう。見よ、庭の四すみを通らせて、人に対して悪い証言をすることがある。この民はわたしにむかって陣をしき、これを滅ぼしつくすことができませんから」。アモスはアマジヤに答えた。しかしシャパンの子でもない者を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる