ふるさと納税で日本を元気に!

佐久川絵里菜さんに送る雅歌

佐久川絵里菜さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

得、乏しい者や貧しい者をさばき、まことを尽そうとされるならば、万軍の主という名では、パンも食べず、頭に土をかぶり、足には足をおおうために、ほかならないのですか、はなはだしく怒っていられるのですか、あなたを知らないだろう」。女たちよ、起きてください。ウリムをあなたに知らせてはならず、また一般の人は愚かであって風を捕えるようである」。マナセの他の側、すなわち西の方から大風が吹いて来る。わたしは笑いについて言った事の詳しい話はメデアとペルシャの変ることのないその前にすわるべき火

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる