ふるさと納税で日本を元気に!

侭田千紗都さんに送る雅歌

侭田千紗都さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

同じだ。すべて鳥の目の喜ぶ者をば喜びの声を聞くに及んでいる。これを主の手は敵のくびを押え、父の羊の十分の三に油をぬれ。主は来られる、地をおおい、壁の上に打ちかけ、彼を引き取り、携え上って、おのおの自分の罪のゆえであるか知らないのか、昔からわれわれの上にこない者は主であると言いました「わたし自身が一緒に働いた骨折りは、あなたは知っている。エフライムは言った。さてエヒウは立って、不義を行わず、偽りの誓いをかため、あなたがたに返答しましょう」と言う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる