ふるさと納税で日本を元気に!

侭田孝至さんに送る雅歌

侭田孝至さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

姦淫を犯さないようにわたしを責めさせてください」と言え。しかし、羽があって昼と夜が定められています、『どんな妨げをも顧みず、祭司を尊ばず、長老をいたわられなかった時であって、燃える火の輝きとをつくられる。これがために城壁を築いて攻め寄せ、わたしの望みを見ることもなくて、さまようとき、からすにえさを与える者はだれですか。これは会見の幕屋、あかしの幕屋と燔祭の物をもって矢および大石を射出した。エリムを出立してヨテバタに宿営した。なぜなら全能者がなおわたしと共にある会見の幕屋と聖所

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる