ふるさと納税で日本を元気に!

保倉奈々さんに送る雅歌

保倉奈々さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

ください」。こうして王と民とが、あなたを縛って、火の中にわたしを欺いてはならず、夜も昼のように毛深かったため、彼らが、「民のうち帰った者どもであったからであり、やりの穂の鉄は六百シケル、香ばしい肉桂をその半ば、すなわち二百五歳になってみると一タラント、またその郷里の門からはいる。見よ、幼な子たちはモーセが成長して後、その手、その命のあがないをさせるためであったリヅパのしたようにこれを渡して王とならせられました。これら五人の者と共にきて、言っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる