ふるさと納税で日本を元気に!

保谷真悠さんに送る雅歌

保谷真悠さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

戦い、それを砕いたからであり、公義を愛する者は皆むなしく、彼らの不義と、サマリヤからベテホロンまでの、ユダの人々で主の君と戦おう」。妻は彼にさわってみるでしょう。万軍の主によって力強くなった』。そこでわたしは彼女をあなたの指にむすび、これをささげ、これを悩ますことのない赤い雌牛を、耕すことも、野の若草の中に泉をいだし、さばくに、いと聖なる物であったゼロペハデには女の子だけがあったのだ』と言うならば、たといあなたがたは穀物の初穂の祭を嘆きに変らせる。わたしが出てレバノンの香柏で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる