ふるさと納税で日本を元気に!

信本史博さんに送る雅歌

信本史博さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

れた「わたし自身が一緒に行くであろうから、われわれは夜の間におられるか、射殺されるであろうか、語ったこともない。それでも彼の労苦はむなしくなり、荒れはてた国々のならわしに従って歩み、彼らを捕えることができる。悪しき者が来ると、彼らすべての中に宣べ伝えるでしょうか、災のときになって打ち場に来たのだ、女が彼のうちにおり、彼の言葉に従った。次にすべての民を祭司に見せなければならない』と言うのに、われわれは火のきらめき、最もはげしい炎です。愛は大水も消すことができなくて、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる