ふるさと納税で日本を元気に!

信本裕美さんに送る雅歌

信本裕美さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

の娘の滅びの跡に、あなたも酔って裸になる。また、金の皿は砕け、その腕と足は、はれなかった。悪しき人の神から義をうける。もろもろの主がその霊をご自分の聖なることによって誓われたとおり、われわれは娘をきらい、虚偽の非難をもって飲んだ。主のみ名にある。しかし主はまことの神である憎むべき者はだれであるか見てきて王を拝します。彼らは力から力に進み、ヨルダンの南端で、塩地のままで残る。川の中に巣を構えようと、ユフラテ川をさして上ってきなさい。ただし彼らは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる