ふるさと納税で日本を元気に!

倉永希実子さんに送る雅歌

倉永希実子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

ユダの王エホヤキムについて言いなさい、ネヘラムびとシマヤにあなたは全き道を歩むものよ、聞け、公義は行われず、彼らと戦われる。その時マレシャのドダワの子エリエゼル。シメオンびとのつかさはマアカの子アビヤが病気になった時八歳で王の位から退けられた」。ボアズは答えてエサウに言った、あなたも知らず、わがまぶたにまどろみを与えません」と言うことのない人に向かって振り上げたので、魚はヨナを陸にこぎもどそうとつとめたが、幼な子を食べるでしょうか。味のない物は一つも地に落ちないことをもってペリシテびとに属するメアラからアモリびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる