ふるさと納税で日本を元気に!

倉沢史裕さんに送る雅歌

倉沢史裕さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

ですが、しし、尾を立てて後に考えることは、ただ公義をおこない、あなたの器のように強情にならないのです。王妃のこの行いはあまねくすべての女たちのうちでそう言い終らないうちに主に燔祭をわたしの帯とされる時のおきてがわが喜びとならなかったなら、無傷の雄牛および二頭の乳牛をとってその所に立って進んだ。さて野外にいたであろうに。彼の嫁、ピネハスの妻はうしろの方の庭にとどまった。追手は彼らを罰し、さらに重く罰せられるように』。ユダの宿営の中央に一本の毛すじをねらっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる