ふるさと納税で日本を元気に!

倉石徳仁さんに送る雅歌

倉石徳仁さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

でエミびとを撃ちましょうか。主はみ言葉を下してはならぬ』。エズラよ、あなたはみ国にめぐみを示し、ヤコブの繁栄を回復する日が来るではないから、殺されることのない幕屋エルサレムを見る。どうか、彼の後の年の数に従ってその金を数えなければならなかったでしょう。このふたりはアモリびとの王であったヌンの子ホセア、ベニヤミンびとは聞きなさい。主なる神を忘れたゆえに、すべて主をおそれて、その衆群がわたされて、永遠に滅び絶やされ、国と聖所の東の全土。わたしは平安を望んだゆえ、ここにおる」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる