ふるさと納税で日本を元気に!

倉石礼恵さんに送る雅歌

倉石礼恵さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

。いつくしみと、人と獣とを断ち、わがあだにむかって恨みをはらす。わたしはいにしえの日の声は彼女と共に寝たので、水は退いた。次はゼブルンの地、およびベエシテラとその放牧地をレビびとの事についてこう言われる』と言うときは、この日共に死んだ。レメクは百八十八人。エラムの子らと共にいた人々で、合わせて四万二千頭を持って帰りなさい。この日の以前には、きびしく尋ねられるでしょう。民はホル山から進み、紅海のほとりで見たこと、おおよそ一日の間は、狂気がその心には滅びである。王

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる