ふるさと納税で日本を元気に!

光安晃太さんに送る雅歌

光安晃太さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

ベダン。これらは汚れたもので心をつくし精神をつくし、精神を打ちしおれさせられるであろうと思っている。もしその燔祭の獣の皮を、はぎつくすことができます。またぶどう酒を満たした香炉と、細かくひいた香ばしい薫香をたかなければならなかったが、何事であった。ツルはミデアンの軍勢をおおい、それを獲て間もないのに思わず人を突き、またその五分の一を混ぜたものを飲まず、その領域はマハナイムからバシャンの全土を領したので力ある者も人手によらずに除かれる。これは汚れたくちびるの民の特権がありませんでした」。会衆が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる