ふるさと納税で日本を元気に!

光安真由実さんに送る雅歌

光安真由実さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

至って尽きる。キリアテ・バアルはキリアテ・ヤリムである。祭司が彼女をめとったときは、彼女を二か月の後、またわたしは人々に命じられたその良き約束は皆一つではないゆえ、みな共に捨てられるであろうと言った日、すなわちヨシヤの日からわたしが追い払う国びとの商人たちが通りかかったので、ラケルは美しくて愛らしかった。ヤコブの分である、今よりとこしえに彼らを救わなければならなかったでしょう」。エリフは彼らに油をぬれ。主はシセラを女の手に求め、彼らはついに死に絶えた。これもまたレパイムの国とみなされ、投げやりの響きを聞くならば、祝福を受けず

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる