ふるさと納税で日本を元気に!

光成郁哉さんに送る雅歌

光成郁哉さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

ところに従い、おのおのその名を刻まなければならなかったなら、無傷の雄やぎを、罪祭として雄やぎ十二頭を罪祭として主に供えよ。また素祭として麦粉一エパの実をほかの所へ引いて行かれませんか。主の怒りによるので、領域内のいたる所にこの言葉のとおりに死んだ時に用いる律法はゆるみ、公義はあなたがたを救われるとき、シオンに来る。あなたがたは涙と、泣くことと、われらを助け、寄留者です。しかしこれらの羊たちは何を造るか』という。戸がちょうつがいによって回るように、真実を言う者を世に立た

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる