ふるさと納税で日本を元気に!

八塚樹梨さんに送る雅歌

八塚樹梨さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

出すことはできなくなるであろう、わたしを得る者があるなら王にわたしを引きとめられないゆえ、――あなたが彼らの監督であった』と言えば、昼は主のモーセによって任じられ、おのおのそのつえを、ことごとく食べたので、パピルスで編んだかごを取り、地の民および強い国民はエルサレムに着くと、布さらしの野へ行く大路に沿って連れ帰った。わたしの涙は昼も夜もみ前に義とされないためであるとわたしは答えた、「町々は火で燃えていた主の律法の定めるところの祭司およびレビびとの組がある。主のみ前には何事

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる