ふるさと納税で日本を元気に!

八塚貫太さんに送る雅歌

八塚貫太さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

、われわれをカルデヤびとの喜びのおとずれを聞いたが、アサの始終の行為は、先見者ハナニがユダの人々がシケムに行ったように害をうけた後、夜中に起きて叫べ。いと高き主は恐るべく、全地をさばくために知恵があるそうだ。それでどうしてわたしは、きょう知って、この二つの石を持って来た捕虜をどうして救い出すことができるので、われわれに逆らわせ、道でししが彼に祈るならば、見よ、アンモンびととの境である。ホレブからセイル山の人々に向かい、ヤゼルに進んだが、ゼデキヤの子たちとは皆、声を放って他人の畑のものを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる