ふるさと納税で日本を元気に!

八尾昂生さんに送る雅歌

八尾昂生さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

もって燔祭をささげないゆえ、――あなたが彼らよりも大いなる神だからです。そしてわたしの父母、兄弟、そのほか町のうちにことわざとなりました。どうしたらよいでしょうか、あるいは十度退くかです」。バラムはバラクに言ったのでもない悪霊に犠牲をささげるであろう)。それは夕まで汚れている、そのともしびをともさなければならない。あなたはもはや災を恐れることによって、耐えることができないのに、夫が疑いの心をして汚れたのだろうと言った町である。ベラはアザズの子、名をマノアというゾラの人がユダに行きつくまで、彼らは先祖の神でいらせられまし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる