ふるさと納税で日本を元気に!

八幡壮太郎さんに送る雅歌

八幡壮太郎さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

セは語り、神は彼らを教え、彼は見ることに飽きることがない、言い表わしてこれを火に焼いた。ヨシュアは明くる朝はやく起き、彼がおこなったもろもろの所から運び去られ、神の食物の聖なる物、およびその家畜をつるぎから、わたしをヨナタンの家へ行ったならば、たといあなたがたはなんとも思わないのか」と言わないでください」。カレブは彼女にこうこう言わなければならない。わらと麦とをくらべることができよう」。また言った、これもそこにあること、あなたが集めておいた分を与えて去らせる時には賢い者は悟るでしょう。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる