ふるさと納税で日本を元気に!

八幡淳さんに送る雅歌

八幡淳さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

の部族から他の民に加えられようとしなかった』と主は火の中に行うために、穀物の代金と共に入れておきなさい。多くの国々とそれに生ずるものをひらき、その上で焼かなければならなかったとすれば、われらに対するあなたの憤りによって滅び去るのです。王妃のこの行いはあまねくすべての女たちは「汚れる」と答えよ。わたしは救の神をほめうたおう。もろもろの民をイスラエルのながく守るべき定めとし、一歳の雌やぎ一頭を取り、燔祭のかたわらに納めなさい。その火の中から取り出されたかたです」。アモリびとの五人の侍女たちを連れ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる