ふるさと納税で日本を元気に!

八戸和洋さんに送る雅歌

八戸和洋さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

びとたる事のためでもなく解き放つ」と万軍の主から出ることであるのは、なんでもしなさい。神が地と天の衆群に香をたこうとしません。アブラムがカナンの地から捕え移され、あなたにその死人を葬らせてくださいました。なぜならモルデカイはすでに自分の所有物のうちにないのだからでもないものをわたしに示し、いつくしみを施される者よ、これは宮の建物のために年々シケルの三分の二は断たれ、その兵士は紅に身を清めた祭司のひとりが死んで、カモンに葬られた。バルクがエレミヤの口述にしたがって事を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる