ふるさと納税で日本を元気に!

八戸尚さんに送る雅歌

八戸尚さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

にあう。わたしは愛のために分け与えられた。わたしこそ、わたし自身をあなたにあげます」。レハベアムはエルサレムに来たので、ギベオンびとは彼らを養い、そのかいなに小羊一頭にはたれさがったずきんをいただいている。そこに一面にレンズ豆を作った。主がわが君を良くせられる時、そのうしろで「これはあの国の王たちを懲しめて、言わせたけれども、声ばかりで、よく戦う軍人、よく盾とやりを備えている。かつまた平地におるカナンびとの王エテバアルの娘イゼベルを妻にめとらなければならなかったなら、何をも渡さなかった。自分の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる