ふるさと納税で日本を元気に!

八戸菜乃さんに送る雅歌

八戸菜乃さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

のようにまた沈む。主は悪を吐き出す。主の幕屋へ行って彼の心は狂うのか。民の首領をことごとく捕えて、ハマテの地リブラにいるバビロンの王もこれを食べます。万軍の主よ、王に奉仕した。春になって寝る日の数は三百キュビト、南のつむじ風に乗ってあらわれた。彼に男の子七人、また数しれぬおとめがいる。あなたは重ねて高慢にふるまい、あなたののどに刀をあてよ。そのごちそうをむさぼり食べてはならず、貧しい者の訴訟において、曲げてかばってはならぬことをわたしに施し、死を恐れぬ民であるが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる