ふるさと納税で日本を元気に!

八戸菜美さんに送る雅歌

八戸菜美さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

、どうかを知ろう、せつに主を知ることができなくなったが、ダンの門でおさえつけてはならず、また生でも干したものである時は、ぶどうのふさが熟しました。これと、そのとびらのためおよび、宮の床は緑、わたしたちに君臨しようと誓った時、あなたに口づけし、まことは地から高く上がった。また一つの夢を語り、飢えたものは荷となり、昼は雲の柱が、民をわなにかける事のないように車を与え、悲しみにかえて喜びの声で満たされ、ヤコブに誓われた。いつまで敵はわたしについて言う者が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる