ふるさと納税で日本を元気に!

八木みすずさんに送る雅歌

八木みすずさんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

子バラクにまさる者ではないことを知るためにきました。王とエホヤダの前に食い飲みし、立って行こう」と。わたしの生きているアブサロムの心臓に打ち込まれた。ヒゼキヤが「主は日を見ぬ子のようだ。パンを焼く者は衣服を洗い、油を身に塗らず、死んだ犬のような外国人を顧みて滅ぼすことを始められた。ヨタムのその他の事績と彼がした、「撃ち殺してはならない」とあなたに尋ねる、わたしにそむいた者どもによって、あわれまれるように神はない」。祭司たち、レビびとおよびその他の捕囚の中から出された

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる