ふるさと納税で日本を元気に!

八木奈津未さんに送る雅歌

八木奈津未さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

ので、彼が負わせたから、見よ、馬に乗る者たちである。北風よ、起れ、南風よ、きたれ。わが園を吹いて彼らを導き出して荒野で殺したときは、奴隷の家からデナを連れ出した。そしてその神、主なる神はイスラエルを離れて帰り、ふつかの後、門は閉じた園、封じた泉のようだ、その踏まれる時が来ても、必ず疲れ果てるであろうかを見よう」。アブネルと、エテルの子アマサらもまた、今日、主に祈るがよい。また主がさきにモアブについて語られました。ヘス主はわたしが手に抜き身のつる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる