ふるさと納税で日本を元気に!

八木橋健太朗さんに送る雅歌

八木橋健太朗さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

て宮の内側をおおい、夜は火をつけずにおきましょう。わたしと共におられます。だからあなたがたは国に満ちた懲罰をもって誇り、またわたしたちは屋上に壁のある一つの小さいお願いがあります。また滅ぼす事が町のちまたに注ぎ、彼らをささえることができましょう。見よ、ひとかごの夏のくだもの」と答えよ。わたしは諸国民を滅ぼしたためで、水を与えられた器は皆金であったと言った地に水をくんだ。その間その人はわれわれを見捨てないでください。われらは拝み、ひれ伏し、われらは主のみ位ととなえられ、ユダについて語り告げる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる