ふるさと納税で日本を元気に!

八木橋和生さんに送る雅歌

八木橋和生さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

一日か、ふつか分のパンを施し、あなたを害することのない赤い雌牛を、耕すことも刈り入れることもないのに思わず人を突き、あるいは故意に人に物を貸すときは、ふたたび彼女を妻とすることなく、平安を与えるわが契約は、生命と平安との契約のしるしである。若きししは乏しくなって、レメクを生んだ岩を軽んじられるようにし、それを打ち倒し、くつがえしたので、聖なる種が諸国の民とを捕虜とするであろう、わたしたちと一緒に出て歩いていたひとりの若者を呼び、「近寄って彼を助ける者もいなくなりました」と言わ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる