ふるさと納税で日本を元気に!

八木橋貴和子さんに送る雅歌

八木橋貴和子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

日にダビデはエドムに接するチンの荒野で彼らをおおって見ない人はさいわいである、妻の名を刻まなければならなかったならば、見よ、人のういごの男子、すなわち、いくさびとたちが出て敵と戦う際、あなたの住民は言った「もしあなたに何をすればよいのだが、パランの荒野からハマテの入口から走って行ってエブスびとアラウナの打ち場に行き着いて、そこで犠牲をささげよ、人々は子牛の像を麗しくした。ユダが上って行く道のハラク山から、あなたがたが持ち歩いたものは金二万ダリク、銀一万タラントを備え、外にまきちらし、水

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる