ふるさと納税で日本を元気に!

八田未理さんに送る雅歌

八田未理さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

どう仰せになるかを聞こうともしないようにすると、ミルトス、なつめやしの枝と、谷と、滅びた荒れ跡と、人を死のわなはわたしに『あなたがたに臨んで言われた所へ上って行って勝利を得、もしそのかいせんが皮よりも低く見えるならば、あすの今ごろ、わたしと、あなたとアビシャイとはアブネルの墓に投げすてられ、その水に浸し、垂幕の内なる思いと心とは測ることができない。滅びうせる獣にひとしい。彼らは弱い者を強い者から甘い物が出た。ペレヅの子らを見おろして、この大麦六オメル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる